杉江能楽堂で『雅楽 〜東洋と西洋〜』を観賞

杉江能楽堂(岸和田市岸城町)で岸和田文化事業協会主催の『雅楽 〜東洋と西洋〜』を観賞して来ました。
岩波 滋氏(元宮内庁式部職楽部首席楽長)の解説よる洋楽と和(雅楽)の古来の伝わりの違いについて、洋楽演奏(ヴァイオリン・ビオラ・チェロ)、雅楽演奏(龍笛・篳篥・笙・鉦鼓・太鼓)、舞楽を楽しみました。
笙・篳篥を担当された白井様は当社で何時もお世話になっている先生方です。
もう25年以上前、中秋の頃に何処からともなく音が聞こえて来るので辿ってみると、岸和田城堀端で岸和田雅楽会の皆様が装束を着け無観客で立派に演奏していたのを思い出します。
岸和田雅楽会は、岸城神社での演奏会を終えた後に解散されました。

chigirinomiya

岸和田城下総鎮守 岸和田祭発祥の宮 『岸城神社』の社務日記と諸所紀行

0コメント

  • 1000 / 1000